会議中

オリンピック需要

施工管理の求人で知っていると得すること

施工管理の求人は、今後景気の回復とオリンピックを控えますます増えていくと思います。但し施工管理の仕事は、基本的に資格を持っていないと難しいです。企業が求めているのは、現場での主任技術者や現場代理人、営業所や本社での主任技術者、監理技術者です。建設業法で施工管理の資格者を置く事が厳格に定められているからです。施工管理の求人には必ず一級や二級の管工事、建築等の施工管理技士等の資格要件があります。この様な資格を持っていれば、現状では資格者不足、経験者不足の為、60歳以上でも求人は沢山あります。給料も相当高級で募集している会社もあります。60歳以上で施工管理のお仕事を、お探しの方は求人のサイトに登録すれば、多くのオッファーがくるはずです。

工夫する事で上手く利用する方法

施工管理の求人で60歳以上で、正社員の採用は難しいと思いますが、契約社員であれば、いくらでもさがせます。この仕事を専門に扱う転職エージェントがありますので、そこに登録して自分で良い案件を探しつつ、オッファーが来るのを待つのもひとつです。又施工管理を専門に扱う派遣会社に登録し、自分に合う案件があれば、派遣会社に正社員として就職し、派遣先で仕事をする事もひとつの手段です。いくつもの求人サイトの施工管理のお仕事に登録し、積極的に応募するのもいいのではと。いずれにせよ、転職エージェントや派遣会社、求人サイトへの登録、応募等をいろいろ組み合わせ、上手く利用する事で、自分に合った最良のお仕事が見つかります。